「 イベント 」一覧

かるとら第24回 インディーズゲームの祭典「A 5th of BitSummit」でおしゃべり。

今回は5月20日~21日に京都で開催されたインディーズゲームの祭典「A 5th of BitSummit」のレポートをお送りします。

A 5th of BitSummit

BitSummitとは(出典:公式サイト

京都で行われる日本最大級のインディペンデントゲームの祭典です。
前回の「BitSummit 4th」では6,435人の来場者、生放送では世界で約45万近くの視聴者数となり、大きな盛り上がりを見せました。
個性あふれるゲームを世界に向けて発信し、また会場では、クリエイターとの交流を経て、より自分たちのゲームを面白くすることができるイベントです。

PodCast(進行:YAN)


かるとらmini第30回 国際舞台芸術ミーティング in 横浜「TPAM2017」レビュー。

今回は国際舞台芸術ミーティング in 横浜「TPAM2017」のレビューをお送りします。

国際舞台芸術ミーティング in 横浜「TPAM2017」

公式サイト:TPAM2017 国際舞台芸術ミーティング in 横浜
開催期間:2017年2月11日~19日
主な会場:KAAT神奈川芸術劇場 / 横浜美術館 / 横浜赤レンガ倉庫1号館 / BankART Studio NYK / YCC ヨコハマ創造都市センター / 象の鼻テラス / Amazon Club
開催概要:

TPAM(ティーパム、国際舞台芸術ミーティング in 横浜)は、同時代の舞台芸術に取り組む国内外のプロフェッショナルが、公演プログラムやミーティングを通じて交流し、舞台芸術の創造・普及・活性化のための情報・インスピレーション・ネットワークを得る場です。1995年に「芸術見本市」として東京で開始し、2011年より「創造都市」横浜で開催。近年はアジア・フォーカスを強化し、アジアとの共同製作にも参画。20年以上の歴史を経て、アジアで最も影響力のある舞台芸術プラットフォームのひとつとして国際的に認知されています。

Podcastで紹介したプログラム

『象の鼻スイッチ』スイッチ総研
『Choreograph』多田淳之介
『Saturday Balloon』ヌトミック

PodCast


かるとらmini第28回 一度あることは二度ある「ワンダーフェスティバル2017[冬]」実況レポート。

今回は2017年2月19日に千葉・幕張メッセで開催された「ワンダーフェスティバル 2017[冬]」の実況レポートをお送りします。

開催概要

  • 開催期日:2017年2月19日(日曜日) 10:00~17:00
  • 会場:幕張メッセ国際展示場1~8ホール
  • 主催:ワンダーフェスティバル実行委員会(公式サイト

かるとらmini第24回 これが仮想現実だ!Playstation VR体験レポート。

今回は発売されて間もないSONY Playstation VRについて、ソニーストアで行われた特別体験会レポートをお送りします。

ソニーストア 銀座・名古屋・大阪・福岡天神 PlayStation®VR 特別体験会&予約販売

ソニーストア PlayStation VR 特別体験会&予約販売

ソニーストア 直営店舗では、2016年10月発売のPlayStation®VRをご体験いただく特別体験会と予約販売を6月16日(木)より開催中です。
店舗での購入を希望される場合は、実際にPlayStation®VRをご体験いただき、商品をよくご理解いただいてからご注文を承ります。
各店舗では、「特別体験会&予約販売」と「特別体験会」の2種類の日程があります。

(出典:PlayStation®VR 特別体験会&予約販売について

PlayStation VRとは?

PlayStation®VRはPlayStation®4の魅力を高め、ゲーム体験をさらに豊かにするバーチャルリアリティ(VR)システムです。VRヘッドセットをかぶると、プレイヤーの360度全方向を取り囲む、迫力のある3D空間が出現。独自の3Dオーディオ技術との連動によって生まれる圧倒的な臨場感により、ゲームの世界に本当に入り込んでいるかのような体験をもたらします。

(出典:PlayStation®VR プレイステーションオフィシャルサイト

PlayStation VR トレーラー

VR ZONE Project i Can

東京・お台場のダイバーシティ東京プラザに期間限定で行われていたイベント。
実施期間:2016年4月15日(金)~10月10日(月)
住所:東京都江東区青海 1-1-10ダイバーシティ東京プラザ3F

PodCast


かるとら第15回 イベント「第四回文学フリマ大阪」でおしゃべり。

今回は文学作品の展示即売会「第四回文学フリマ大阪」に参加。会場実況や購入した同人誌の紹介などお送りします。

第四回文学フリマ大阪(公式サイト

概要

開催日:2016年9月18日(日)
会場:堺市産業振興センター イベントホール
出店者:約340ブース
入場:一般来場者は参加費無料。
主催:文学フリマ大阪事務局・公式Twitter:@BunfreeOsaka
協力:文学フリマアライアンス

紹介

「文学フリマ」とは文学作品の展示即売会です。
評論家・まんが原作者として知られる大塚英志さんが『群像』誌2002年6月号(講談社)掲載のエッセイ「不良債権としての『文学』」で行った呼びかけを発端として生まれたイベントです。
既成の文壇や文芸誌の枠にとらわれず〈文学〉を発表できる「場」を提供すること、作り手や読者が直接コミュニケートできる「場」をつくることを目的とし、プロ・アマといった垣根も取り払って、すべての人が〈文学〉の担い手となることができるイベントとして構想されました。

公式サイトより

PodCast(進行:KAKU)


かるとらmini第19回 瀬戸内国際芸術祭2016「小豆島きもだめスイッチ」で夏の思い出。

今回は瀬戸内国際芸術祭2016で開催された夏のイベント、ままごと×スイッチ総研「-港の劇場-『小豆島きもだめスイッチ』」についてお送りします。

スイッチ総研 – 小豆島きもだめスイッチ(公式サイト

紹介

この島に夜の帳がおりる頃。港町坂手の小径に現るは。「スイッチ」を押すと「なにか」がおこる3秒~30秒の小さな演劇たち!
スイッチを押しながら闇夜の坂手を巡る、約40分のスペシャルツアー型「きもだめスイッチ」!!
頼れるのは僅かな月明かりとランタンのみ。真夏。海辺。漆黒の夜。闇の先にあるものは恐怖か或いは失笑か?
迷路のような路地を抜け、壺井栄生誕の地へ立ち寄り、愉快な地獄の扉を開けて、物語を始めるのは貴方です!島の夜は、長い。

公式サイトより引用

ままごと×スイッチ総研「-港の劇場-『小豆島きもだめスイッチ』」(公式サイト

ままごと mamagoto(公式サイト

紹介

2009年、劇作家・演出家の柴幸男によって旗揚げされた、柴幸男の作品を上演する団体です。劇場作品に加えて、近年は小豆島や横浜などの公共空間で、”その時、その場所で、その人たちとしかできない演劇”の上演もしています。
演劇を「ままごと」のようにより身近に。より豊かに。

公式サイトより引用

瀬戸内国際芸術祭 2016(公式サイト

会期

春|2016年3月20日[日・春分の日]—4月17日[日]29日間
夏|2016年7月18日[月・海の日]—9月4日[日]49日間
秋|2016年10月8日[土]—11月6日[日]30日間
会期総計|108日間

開催地

直島 / 豊島 / 女木島 / 男木島 / 小豆島 / 大島 / 犬島 / 沙弥島[春のみ] / 本島[秋のみ] / 高見島[秋のみ] / 粟島[秋のみ] / 伊吹島[秋のみ] / 高松港・宇野港周辺

Podcast


かるとら第12回 イベント「ワンダーフェスティバル2016[夏]」実況レポート。

今回は2016年7月24日に幕張メッセで開催されたガレージキット展示即売イベント「ワンダーフェスティバル2016[夏]」の様子を会場のディーラブース内からお送りします。

ワンダーフェスティバル2016[夏]

  • 開催期日:2016年7月24日(日曜日) 10:00~17:00
  • 会場:幕張メッセ国際展示場1~8ホール
  • 主催:ワンダーフェスティバル実行委員会(公式サイト

イベントの2週間前に届いたディーラー入場パス。気が引き締まる!
イベントの2週間前に届いたディーラー入場パス。気が引き締まる!
会場の幕張メッセ。エントランスに到着!
会場の幕張メッセ。エントランスに到着!
広大なホール内。ディラーの皆さんがブースの準備中。
広大なホール内。ディラーの皆さんがブースの準備中。
「かるとら」ディーラーのブースに到着。パンフも入手。
「かるとら」ディーラーのブースに到着。パンフも入手。
販売物の無い悪条件?で何とかレイアウトが完成しました。
販売物の無い悪条件?で何とかレイアウトが完成しました。
『すいこまれる男』のパッケージが興味をそそる!
『すいこまれる男』のパッケージが興味をそそる!
あっという間にイベント閉会。片付け終わりました。お疲れさま!
あっという間にイベント閉会。片付け終わりました。お疲れさま!

進行:KAKU


かるとらmini第13回 イベント「瀬戸内国際芸術祭2016」ぶらり旅。

今回は瀬戸内海の島々でアートに触れることができる「瀬戸内国際芸術祭2016」についてお送りします。

瀬戸内国際芸術祭 2016(公式サイト

会期

春|2016年3月20日[日・春分の日]—4月17日[日]29日間
夏|2016年7月18日[月・海の日]—9月4日[日]49日間
秋|2016年10月8日[土]—11月6日[日]30日間
会期総計|108日間

開催地

直島 / 豊島 / 女木島 / 男木島 / 小豆島 / 大島 / 犬島 /
沙弥島[春のみ] / 本島[秋のみ] / 高見島[秋のみ] /
粟島[秋のみ] / 伊吹島[秋のみ] / 高松港・宇野港周辺


かるとら第8回 展示イベント「どぼく+マンガ展」&「京都模型の匠展 第二章」でおしゃべり。

今回は京都国際マンガミュージアムの展示イベント「どぼく+マンガ展」と「京都模型の匠展 第二章」にについておしゃべりしました。

京都国際マンガミュージアム

http://www.kyotomm.jp/
開館時間:午前10時~午後6時(最終入館は午後5時30分)
休館日:毎週水曜日

どぼく+マンガ展

http://www.kyotomm.jp/event/exh/dobokuandmanga.php
開催期間:2016年3月3日(木)~5月10日(火)

本展は、マンガ・アニメの世界を「土木」の視点から読み直すとともに、土木そのものの魅力も知ってもらう企画展です。
SFマンガ・アニメに登場する巨大建造物実現を想定して作られた設計図や模型、マンガの背景にさりげなく描かれた土木を専門家が解説したパネルなどを展示。合わせて、高速道路に実際に使用されていた道路案内標識や道路標識、京都市の大正2年製マンホールなど、貴重な資料もご覧いただけます。

京都模型の匠展 第二章

http://www.kyotomm.jp/event/exh/modeler2016.php
開催期間:2016年3月19日(土)~5月29日(日)

昨年8月に開催し好評を博した「京都模型の匠展」が、新作も加わり、作家数・作品数も大幅に増加され、「京都模型の匠展 第二章」となり帰ってきました。
幅広い世代に人気なプラモデル。その制作を行う「プラモデラー」の中でも、模型専門誌などで作品を発表し、様々なコンテストで入賞している京都在住の「プラモデラー=”模型の匠”」の作品をぜひ間近で御覧ください。


かるとらmini第9回 イベント「京都国際舞台芸術祭 2016 SPRING」プログラムレビュー。(後編)

今回は3月に京都で開催された舞台芸術フェスティバル「京都国際舞台芸術祭 2016 SPRING」のレビュー後編をお送りします。

開催内容

京都国際舞台芸術祭 2016 SPRING
http://kyoto-ex.jp/
開催期間:2016年3月5日(土)– 3月27日(日)
会場:ロームシアター京都、京都芸術センター、京都芸術劇場 春秋座、京都府立府民ホール“アルティ”、京都国立近代美術館、ほか

紹介文

2010年秋に誕生した、京都初の国際舞台芸術フェスティバル「KYOTO EXPERIMENT 」が、ふたたび京都にたち上がります。創造的なポテンシャルに溢れたこの京都で、世界 各地から最先端の作品を紹介します。

今回のポッドキャストで紹介した公演

チェルフィッチュ 『部屋に流れる時間の旅』
http://kyoto-ex.jp/2016/program/chelfitsch/

トリシャ・ブラウン・ダンスカンパニー 『Trisha Brown: In Plain Site』
http://kyoto-ex.jp/2016/program/trisha/

マヌエラ・インファンテ/テアトロ・デ・チレ 『動物園』
http://kyoto-ex.jp/2016/program/manuela/

足立智美 × contact Gonzo 『てすらんばしり』
http://kyoto-ex.jp/2016/program/adachigonzo/

ボリス・シャルマッツ / ミュゼ・ドゥ・ラ・ダンス 『喰う』
http://kyoto-ex.jp/2016/program/boris/