「 ガレージキット 」一覧

かるとらフィギュア制作日誌:ポーズ決定!デザインドールはメチャ便利

なかなか進まない、かるとらオリジナルキャラクターのフィギュア制作ですが、とりあえずポーズを決めました。

20160603_01

先日購入したフィギュア専門誌『レプリカントEX 4』(出版社サイト)で紹介されていた、人体モデルでポーズを作成する専用ソフト『デザインドール』(配布サイト)を使用してポーズを検討。

直感的にポーズを編集できるのでメチャメチャ便利!最初は無料版でしばらく使用していましたが、使い勝手の良さ、ポーズの読み込みや3Dモデルの書き出しなど便利機能を使用したくなったのでライセンス版を購入しました。

20160603_02

コマネチ!のポーズもわずか数分で!


かるとらフィギュア制作日誌:ニューファンドで頭を作る練習事始め

かるとらオリジナルキャラクターのポーズやコスチュームを考えてばかりで手を動かさないと気持ちが焦ってきたので、とりあえず先日購入した石粉粘土のニューファンドを使って頭を作る練習を始めることにしました。

20160526_01

アルミホイルを丸めたものをに竹串を刺して芯にします。
そして金属ヘラと水を使って表面をならしながら形を整えます。ニューファンドは体の芯に使用していたクラフトクレー白鳥よりも滑らかで成形しやすいです。

20160526_02

うーん。今の技量ではいつまでもヘラで触ってしまい表面が乾いてしまい細かい部分の造形ができない。
とりあえずいったん乾いてから削ってみたいと思います。


かるとらフィギュア制作日誌:道具を揃えるところから初めてみよう

まだまだキャラクター設定やらポーズやらコスチュームデザインを考え中。
造形材料も粘土かスカルピーかまだ検討中ですが、いずれにせよちゃんとした道具が必要なのでAmazonで色々物色してレビュー評価もよいものを買ってみました。

20160521_01

ヘラセット (TM-3) ミネシマ

アイデアを落書きしつつAbemaTV の深夜アニメチャンネルで「ソードアート・オンライン」を初めて見ました。面白いです。


かるとらフィギュア制作日誌:頭を削りながらポーズをどうするか考え中

造形材料の候補としては石粉粘土もしくはスカルピーどちらかを考えてるのですが、ひとまずニューファンドを用意してみました。近いうちにオーブン粘土も試してみたいと思っています。粘土用ののし棒もついでに調達。そういえばニューファンドを使用するのは初めてです。

20160519_01

造形用具はとりあえず間に合わせで昔使っていたものを探して集めてみました。

20160519_02

今日のところは昨日作った骨組みで色々とポーズを検討しながら頭部の下地調整をしてみました。

20160519_03

骨組みだけではいまいちイメージがつかみづらいので MikuMikuMoving も使って参考にしてみます。
画像のモデルは「ニコニコ立体ちゃん」です。

20160519_04

キャラクターにポーズをつけたり取らせてみたりモーションを一時停止してみたりしているうちについつい脱線してしまいますね。


かるとらフィギュア制作日誌:何十年ぶりに挑戦!出たとこ勝負で骨組みを作ってみる

ワンダーフェスティバル2016夏のディーラー参加が決定してはや1ヵ月。
イベント開催までの残り時間は確実に少なくなる中でいまだに出展フィギュアのデザインが決まらないまま。
まずはインターネットで色々なガレージキット原型制作の情報を調べつつ、骨組みの制作に取り掛かることにしました。

フィギュアの制作サイズは小さいサイズは細かいディテールの難易度が高く、かといって大きいと材料や複製コストも増えるので中ぐらいの約20センチ、1/8スケールで作ってみることにしました。

20160518_01

プロポーションはMMDのモデルデータを正面から見た状態を画像で保存して印刷。関節位置を確認して、ダイソーで買ったアルミワイヤーで骨組みを作りました。
骨組みの関節部分にかぶらないよう、粘土で下地の肉付けをしました。使用した石粉粘土は クラフトクレー 白鳥 です。理由は近くのスーパーで売っていたからです。

制作方法はこちらのWebサイトを参考にさせていただいています。
フィギュアの作り方―石粉粘土編/ミニチュアスタジオ・がるーだ