2016年09月一覧

かるとらmini第20回 第155回芥川賞受賞作「コンビニ人間」を読んで。

今回は第155回芥川龍之介賞の受賞作「コンビニ人間」の読書感想をお送りします。

作品紹介

36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。
ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。
現代の実存を問い、正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。

出典:『コンビニ人間』 文藝春秋BOOKS

作者略歴

村田沙耶香(むらた さやか)
1979年8月14日生まれ。千葉県印西市出身。玉川大学文学部芸術文化コース卒。2003年「授乳」で第46回群像新人文学賞優秀作を受賞してデビュー。
〈作品〉『ギンイロノウタ』2008年新潮社刊=第31回野間文芸新人賞受賞。『しろいろの街の、その骨の体温の』12年朝日新聞出版刊=第26回三島由紀夫賞受賞。『消滅世界』15年河出書房新社刊、他。

出典:日本文学振興会

Podcast


かるとら第15回 イベント「第四回文学フリマ大阪」でおしゃべり。

今回は文学作品の展示即売会「第四回文学フリマ大阪」に参加。会場実況や購入した同人誌の紹介などお送りします。

第四回文学フリマ大阪(公式サイト

概要

開催日:2016年9月18日(日)
会場:堺市産業振興センター イベントホール
出店者:約340ブース
入場:一般来場者は参加費無料。
主催:文学フリマ大阪事務局・公式Twitter:@BunfreeOsaka
協力:文学フリマアライアンス

紹介

「文学フリマ」とは文学作品の展示即売会です。
評論家・まんが原作者として知られる大塚英志さんが『群像』誌2002年6月号(講談社)掲載のエッセイ「不良債権としての『文学』」で行った呼びかけを発端として生まれたイベントです。
既成の文壇や文芸誌の枠にとらわれず〈文学〉を発表できる「場」を提供すること、作り手や読者が直接コミュニケートできる「場」をつくることを目的とし、プロ・アマといった垣根も取り払って、すべての人が〈文学〉の担い手となることができるイベントとして構想されました。

公式サイトより

PodCast(進行:KAKU)


かるとらmini第19回 瀬戸内国際芸術祭2016「小豆島きもだめスイッチ」で夏の思い出。

今回は瀬戸内国際芸術祭2016で開催された夏のイベント、ままごと×スイッチ総研「-港の劇場-『小豆島きもだめスイッチ』」についてお送りします。

スイッチ総研 – 小豆島きもだめスイッチ(公式サイト

紹介

この島に夜の帳がおりる頃。港町坂手の小径に現るは。「スイッチ」を押すと「なにか」がおこる3秒~30秒の小さな演劇たち!
スイッチを押しながら闇夜の坂手を巡る、約40分のスペシャルツアー型「きもだめスイッチ」!!
頼れるのは僅かな月明かりとランタンのみ。真夏。海辺。漆黒の夜。闇の先にあるものは恐怖か或いは失笑か?
迷路のような路地を抜け、壺井栄生誕の地へ立ち寄り、愉快な地獄の扉を開けて、物語を始めるのは貴方です!島の夜は、長い。

公式サイトより引用

ままごと×スイッチ総研「-港の劇場-『小豆島きもだめスイッチ』」(公式サイト

ままごと mamagoto(公式サイト

紹介

2009年、劇作家・演出家の柴幸男によって旗揚げされた、柴幸男の作品を上演する団体です。劇場作品に加えて、近年は小豆島や横浜などの公共空間で、”その時、その場所で、その人たちとしかできない演劇”の上演もしています。
演劇を「ままごと」のようにより身近に。より豊かに。

公式サイトより引用

瀬戸内国際芸術祭 2016(公式サイト

会期

春|2016年3月20日[日・春分の日]—4月17日[日]29日間
夏|2016年7月18日[月・海の日]—9月4日[日]49日間
秋|2016年10月8日[土]—11月6日[日]30日間
会期総計|108日間

開催地

直島 / 豊島 / 女木島 / 男木島 / 小豆島 / 大島 / 犬島 / 沙弥島[春のみ] / 本島[秋のみ] / 高見島[秋のみ] / 粟島[秋のみ] / 伊吹島[秋のみ] / 高松港・宇野港周辺

Podcast


かるとらmini第18回 僕らはボカロネットを忘れない。

今回は9月27日でサービスを終了する「ボカロネット」を惜しんでボカロデューサーを使った作曲に再挑戦しました。

【重要なおしらせ】「ボカロネット」提供終了のおしらせ(リンク

歌詞

わきたつ海上 迫る危機 河口からから入る 巨大生物
みんなの家を なぎ倒す これぞ シン・ゴジラ 大暴れの巻


シン・ゴジラ 大暴れの巻 Ver.1

ボカロネットリンク
VY2V3(男声) 標準声>スタンダード>ダンス>イビサ-L


シン・ゴジラ 大暴れの巻 Ver.2

ボカロネットリンク
氷山キヨテル 標準声>スタンダード>R&B>ソウル-L


シン・ゴジラ 大暴れの巻 Ver.3

ボカロネットリンク
VY2V3(男声) 標準声>悲しい>バラード>16ビートバラード-L


PodCast


かるとら第14回 映画「シン・ゴジラ」でおしゃべり。(後編)

今回は映画「シン・ゴジラ」について色々とおしゃべりの後編です。過去のゴジラ作品や庵野監督の実写作品についても語ります。前編と同じく多少ネタバレありです。

作品概要

  • タイトル:シン・ゴジラ(公式サイト
  • 監督:庵野秀明(総監督)・樋口真嗣(監督・特技監督)
  • 脚本:庵野秀明
  • 主な出演者:長谷川博己/竹野内豊/石原さとみ
  • 音楽:鷺巣詩郎・伊福部昭
  • 製作会社:東宝映画・シネバザール
  • 配給:東宝
  • 公開:2016年7月29日
  • 上映時間:119分
  • 「シン・ゴジラ」予告編2

    「ゴジラ」(1984)予告編

    進行:YAN


    スポンサーリンク