「 2016年07月 」一覧

かるとらmini第16回 展覧会「森村泰昌:自画像の美術史-『私』と『わたし』が出会うとき」展レポート。

今回は展覧会「森村泰昌:自画像の美術史-『私』と『わたし』が出会うとき」展のレポートをお送りします。

開催概要

展覧会名 森村泰昌:自画像の美術史―「私」と「わたし」が出会うとき
会 期 2016 年 4 月 5 日(火)─ 6 月 19 日(日)
会 場 国立国際美術館(大阪市北区中之島 4-2-55)

作家略歴

1951 年、大阪市生まれ。大阪市在住。京都市立芸術大学美術学部卒業、専攻科修了。
1985 年、ゴッホの自画像に扮するセルフ・ポートレイト写真を制作。
以降、今日に至るまで、一貫して「自画像的作品」をテーマに作品を作り続ける。
1988 年、ヴェネチア・ビエンナーレ/アペルト 88 に選出され、以降国内外で展覧会を開催する。
2014 年、横浜トリエンナーレ 2014「華氏 451 の芸術:世界の中心には忘却の海がある」の
アーティスティック・ディレクターを務める。

主な国内での個展に、「美に至る病/女優になった私」(横浜美術館 1996 年)、「空装美術館/
絵画になった私」(東京都現代美術館他 1998 年)、「私の中のフリーダ/森村泰昌のセルフ・
ポートレイト」(原美術館 2001 年)、「なにものかへのレクイエム/戦場の頂上の芸術」(東京
都写真美術館他 2010 年)など。

2006 年、京都府文化功労賞、2007 年度、芸術選奨文部科学大臣賞、2011 年、第 52 回毎日
芸術賞、日本写真協会賞、第 24 回 京都美術文化賞を受賞。2011 年秋、紫綬褒章を受章。2012
年、第 47 回大阪市市民表彰の文化功労部門を受賞。

(引用:国立国際美術館プレスリリース)

国立国際美術館 プレスリリース

(PDFファイル)

森村泰昌:自画像の美術史―「私」と「わたし」が出会うとき

リンク ADC文化通信

森村泰昌:自画像の美術史 ―「私」と「わたし」が出会うとき

リンク Casa BRUTUS


かるとら第11回 小学館発行の青年マンガ誌でおしゃべり。(後編)

小学館発行の青年マンガ誌でおしゃべりの後編。「ビッグコミックスペリオール」「月刊!スピリッツ」「ヒバナ」の3誌を取り上げました。

ビッグコミックスペリオール 2016年6月24日号

ビッグコミックスペリオール 2016年6月24日号

月刊!スピリッツ 2016年7月1日号

月刊!スピリッツ 2016年7月1日号

ヒバナ 2016年7月10日号 ビッグコミックスピリッツ増刊

ヒバナ 2016年7月10日号 ビッグコミックスピリッツ増刊

進行:YAN


かるとら第10回 小学館発行の青年マンガ誌でおしゃべり。(前編)

今回は小学館発行の青年マンガ誌でおしゃべりの前編。「ビッグコミック」「ビッグコミックオリジナル」「週刊ビッグコミックスピリッツ」の3誌を取り上げました。

ビッグコミック 2016年6月25日号

ビッグコミック 2016年6月25日号

ビッグコミックオリジナル 2016年12号

ビッグコミックオリジナル 2016年12号

週刊ビッグコミックスピリッツ 2016年28号

週刊ビッグコミックスピリッツ 2016年28号

進行:YAN